読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨガのある暮らし。 Om shanti...

岡山で、シヴァナンダヨーガとボイスヒーリングの小さな教室をしています。ヨガもボディワークも、 唄(声)も取り入れて、 それからざっくばらんにお話も。 ありのままのボイスや体をツールとして、「わたし」に還るヒーリングの時間。いつだってシンプル。毎日はちいさな幸せのつみ重ね。

選択と行動、責任をもつこと。

sahsya yoga(サーシャ ヨガ)

いつでも選択することができる、

そして選択したことには責任をもつ。

 

いまのところに留まるか、

新しい一歩を踏み出すか。

 

留まることは、安定を選ぶように思え、いままで通りの生活水準を保てるかに見える。

 

新しい一歩を踏み出すことは、未知の世界に冒険するような、困難と成長があるかに見える。

 

小さな選択の積み重ねが人生を作っているということ。

 

選択して、行動していると、

必要なものが、必要なタイミングでやってきている気がします。

 

最近、仕事で悩むことが多く、

ヨガに切り替えることが逃げになっていないか、自分の気持ちと向き合う機会がありました。

 

自分のまわりで起きること、

すべての要素があいまって、

自分のなかから湧いてきた気持ち。

 

その声を大切にしたい。

 

ヨガを通してわたしが一番変わったこと。

 

心の声を大切にしたいと思うようになったこと。

子どもができたときに、

一番伝えていきたいことはなにか。

ヨガでなにを伝えていきたいのか。

 

心の声を大切にしてね、ということ。

 

そうすると、いま自分が進む方向が見えてくる。

 

これまで選択はしていたけど、

心の声を聞いて選択することはわたしにとってははじめて。

 

これまでの思考パターンの癖もあり、今の仕事から逃げているような気分にもなる。

でもこれは、理由をつけて、留まるほうを選択しようとしている自分の抵抗だ、ってことにも気がつきました。

 

なんだかんだ、新しい一歩を踏み出すほうが現状維持よりエネルギーを使うだろうから。

 

決めても何度も迷う、

周囲の反対の声もある、

それがいまの現状です。。

 

それでも前に進むことを選択したい。

 

そして選んだことには責任をもつ。

 

旦那さんにも、わたしの挑戦に対して「応援することを選択するよ。応援したことに、責任をとらなきゃね」なんて言ってくれて笑っていました。

 

なんでも選択と責任だね、面白い(^^)

 

選択と行動を繰り返して、

前に進む自分でいよう。