読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨガのある暮らし。 Om shanti...

岡山で、シヴァナンダヨーガとボイスヒーリングの小さな教室をしています。ヨガもボディワークも、 唄(声)も取り入れて、 それからざっくばらんにお話も。 ありのままのボイスや体をツールとして、「わたし」に還るヒーリングの時間。いつだってシンプル。毎日はちいさな幸せのつみ重ね。

earth

f:id:secretlife:20160108205433j:plain

 

新年の初ヨガ旅にふさわしく、

たくさんの気づきをもらいました。

 

一緒に岡山から参加してくれる、ヨガ仲間。

ありがとう。

このメンバーと、ヨガ旅に出かけるのは はじめて。

というか、人を誘って一緒にヨガのクラスいくことは めったにないので、わたしにとっては珍しいこと。

 

でも、行く前から、わかってたこと。

「ぜったい、みんなも満足してくれる」ってこと。

だから、お誘いしたかったのです。

 

わたしがシヴァナンダヨガの世界にぐぐぐっと、惹かれていったきっかけでもある、miyuki先生の ヨガ。

 

まるで、ものがたりを 聞いているようなガイドが大好きで。

 

自然と宇宙と、カラダの ものがたり。

ぷくぷくとカラダのなかで動くものを感じながら、

透きとおる空気を鼻から吸って、やわらかく吐いて、

瞑想的にカラダを動かす。

わたしの根っこ、奥深いところにある なにか にたしかに響いてくるものを感じる。

 

その場のエネルギーと、太陽の光をカラダいっぱいに浴びていたら、なーんかもう、ただただ幸せでした。

 

「わたしたちは、過不足ない存在であること。

 

足りていないもの は なくて、

持ちすぎている、ということも ない。」

 

先生のことばも、すーっと入ってくる。

 

わたしもそう思っていることなんだけど、

じゅわぁっと しみてくる。

 

今年は、宇宙の流れを感じること、それにのっていく感覚、

それらをもっと、味わっていきたいなぁ。

 

 

ヨガがおわって、そんなことをぼんやり思っていたら、

みんなでお茶しにはいったお店で、

ビビビッときたCD、出逢いました。

 

手に持ったら、鼓動はやくなってた。笑

CD手にとってこういう感覚になることは初めてで、そんな自分の状態がおもしろくて、

「コレは買えってことだな」と思い、

「ジャケ買い」ならぬ「ビビっと買い」しました。

 

こういうの、ハズレは ないですね。

いまの自分に、ぴったりのものがやってくるのです。

 

調べてみたら、香川県在住の音楽家の方でした。

 

 

橋本 秀幸 /「earth」

 

hideyukihashimoto.com

 

 

 

仕事をやめて、遠のいていた高松で、

ヨガ仲間とすごした満足な旅。

 

おかげで、自分の地元である香川での良き思い出が増え、

自分の土台であるその一部を、思いだせたように思います。

 

一度わかったことでも、ついつい忘れ、その感覚を見失ってしまうこともあります。

それを思い出せる場所があるのは、ありがたいことですね。

 

 

それから、

「バリいこう、会いにいこう」って決めた日に、

それをどこで感じたんだろう、

バリに住むその友だちから年明けてはじめての連絡がはいってきて。

 

 

なんで、わかったんだろう、っていうくらいのタイミング。

 

どこまでも壮大な宇宙だけど、

身の回りにおこってるこういうサインを、

ただただおもしろいな、と思っている。

 

 

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

おうちヨガ教室

「sahsya yoga (サーシャ ヨガ)」

 岡山駅のすぐそばに、

 少人数(定員2名まで、女性限定)の

 小さなヨガスペースをご用意しました。

HP⇒ http://sahsya-yoga.jimdo.com/

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::