読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨガのある暮らし。 Om shanti...

岡山で、シヴァナンダヨーガとボイスヒーリングの小さな教室をしています。ヨガもボディワークも、 唄(声)も取り入れて、 それからざっくばらんにお話も。 ありのままのボイスや体をツールとして、「わたし」に還るヒーリングの時間。いつだってシンプル。毎日はちいさな幸せのつみ重ね。

真庭市 へ ゆく!(後編)〜蒜山焼きそば・ちょこっと湯原温泉〜

 

f:id:secretlife:20160126194022j:plain

 

 

岡山県27市町村で自由におどってあそぶ、今回は「真庭市編」

のつづきです^^

 

朝は、醍醐桜と神庭の滝を満喫。

ダンスもとりつつ、楽しんで、、

お待ちかねのお昼ごはん。

 

 

お昼ごはんは、やっぱり蒜山のやきそば!

お店は「悠悠」に行きました。

「鶏肉に味噌ダレ」の秘伝の味が、たまらなくおいしーい!!

麺がもっちり。

f:id:secretlife:20160126193009j:plain

 

から揚げがおっきくて、おいしくて、また感動。

 

寒いなか、おいしく食べる。

雪に目をうばわれつつ、空腹のわたしたち、、

みんなおいしさのあまり食べるのに夢中。しばらく無言で食べる。笑

寒いところに来ると、いっそう食のありがたさが身にしみますねぇ、、

 

11人で入った私たちに、すぐさま料理を出してくれた店員さんの手際のよさだったり、

あたたかい接客だったり。感謝です。

おすすめのお店ですよ~!

 

公式HPはこちらです。

悠悠 ~ひるぜんの焼きそば~

 

お腹を満たし、さらに北を目指し、進むも、

あたり一面、雪、雪、雪ー!!

山の木に積もる雪の景色が、これまたよい。

 

f:id:secretlife:20160126193031j:plain

 

もうね、ずっと、雪。

 

ヒルゼン高原センターのアトラクションも、見事に覆われていました。

ジェットコースターや観覧車がね、すっぽりと。

もれなく、わたしたちも、雪に覆われましたよ。

 

少しだけ、雪のふるところで暮らすひとの生活に触れられた。

平気で何メートルも積もるところでは、きっと、もっと交通もままならず、困難なこともたくさんあるんだと思う。

でも、そこでの暮らしならではの良さが絶対にあって。

だから、その場所を離れず、もっと知ってほしいという願いでの地域おこしがあるんだろうなぁ。

 

今回、時間が足りず、湯原温泉には入れなかったけれど、

体の芯まであたためてくれる温泉のよさも、際立つんだろう。

 

寒い時期に、さらに寒いところへ行くことで、

気づけなかった「冬ならではの良さ」に気づかされますね。

 

さてさて、メインの目的である、真庭の観光スポットでのダンスの撮影。

(もはや、表向きが旅行、裏向きの目的がダンス、となってる感じですが。笑)

こちらはまた編集が完了したらアップしますねー!

ダンスの揃い具合は・・・ですが、ただただ楽しかった、ということが伝わればいいかな~と。

ダンスの出来には、どうか、あたたかい目で見てやってください。笑

 

そして、今回もみんなを率いてくれた、旦那さん。

いつもありがとうね。

おかげで、みんな、とっても楽しめました。

今回は、音源のデッキやスマホが吹雪にみまわれ、水没しかけたり、

積もった雪のなかに、三脚ごとカメラがさっくりっと突っ込んだり、

(結局、カメラ押さえるために本人は踊れないシーンもあり。)

雨以上に、撮影しにくい現場でした。

慣れない雪道の運転をしてくれたり、とかね。

 

撮影したからといって直接お金につながるわけでもなく、

別にみんなに感謝されたいわけでもなく、

ただ、楽しいこと好きなメンバーが集まってみんなでコレやったら楽しいじゃん、という気持ちで動くところ。

 

見返りを求めず、自分のおこなう行為の結果に執着しない。

まさに、カルマ・ヨーガ。

 

あとは、動画の編集だね、

よろしくお願いします。笑

ぺこり。

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

おうちヨガ教室

「sahsya yoga (サーシャ ヨガ)」

 岡山駅のすぐそばに、

 少人数(定員2名まで、女性限定)の

 小さなヨガスペースをご用意しました。

HP⇒ http://sahsya-yoga.jimdo.com/

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::