読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨガのある暮らし。 Om shanti...

岡山で、シヴァナンダヨーガとボイスヒーリングの小さな教室をしています。ヨガもボディワークも、 唄(声)も取り入れて、 それからざっくばらんにお話も。 ありのままのボイスや体をツールとして、「わたし」に還るヒーリングの時間。いつだってシンプル。毎日はちいさな幸せのつみ重ね。

雨降りあめふり、ヨガ旅。

f:id:secretlife:20160421162313j:image

雨降りあめふり

 

しとしと・・・、というか、

ばらばらばらばら・・・ な本格的な雨です。

 

香川のヨガはうすまで、ヨガ旅でした。

なので、傘にあたる雨音をずっと聞いてた。

 

何度もなんども通っていて実は雨のなか、香川へのヨガ旅は初でして、

わたしって晴れ女やーん、とかこれまでは調子にのっていたけれど、

雨のなかのヨガ旅も

すてきでした、やはり。

 

そうそう、今日の発見。

ヨガをしていて、

「自分の呼吸の音がすき」 ってはじめて思いました。

自分の内側にある、安定感。そこに手が届いたような心地よさ。

 

一定のリズムを刻みながら、安定して呼吸する。

そして、その音に耳をかたむける。

 

力みすぎず、でもしっかりと効かせて、

からだはリラックス。

 

だいぶアーサナ(ポーズ)がうまくなってきたかなぁ。

難易度の高いアーサナができるようになる、とは別のこと。

 

呼吸が心地よいって思えることは、

自分にとって快適なアーサナをとれるようになってきた証拠。やったね~

 

miyuki先生のことばを借りていえば、

瞑想するかのようにアーサナを、ということ。

 

重ねるほど、これまで感じていた心地よさの、さらにそのまた奥の心地よさに出会っていくんだろうなぁ。

奥が深い。

文字どおりですな。

 

今日のことばは、「受け入れること」でした。

受け止める、ではなくて、受け入れる。

まるっと全部受け入れる。

頭では ふんふん、そうだそうだと聞けていても、

実行は難しいです。

不平・不満は、受け入れないことから生まれてきます。

 

これを聞いて、まっさきに思い当たることがあったわけですが、

今日はそれと向き合ってみよう。

 

明日は、満月。

 

シヴァナンダヨガ愛が、いっそう深まった今日でした◎

Om

 

 ▼▼梅雨におすすめの一冊です、いかがでしょう。

水は答えを知っている。 - ヨガのある暮らし。 Om shanti...

【yogaのこぼれ話】「死」って、こんなにきれいなイメージなの? - ヨガのある暮らし。 Om shanti...

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

おうちヨガ教室

「sahsya yoga (サーシャ ヨガ)」

 岡山駅のすぐそばに、

 少人数(定員2名まで、女性限定)の

 小さなヨガスペースをご用意しました。

HP⇒ http://sahsya-yoga.jimdo.com/

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::