読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨガのある暮らし。 Om shanti...

岡山で、シヴァナンダヨーガとボイスヒーリングの小さな教室をしています。ヨガもボディワークも、 唄(声)も取り入れて、 それからざっくばらんにお話も。 ありのままのボイスや体をツールとして、「わたし」に還るヒーリングの時間。いつだってシンプル。毎日はちいさな幸せのつみ重ね。

可能性をさぐる、音の旅~

f:id:secretlife:20160609145330j:plain

じゃん!

ハルモニゥムのパドマさん、約10キロ。

この子を連れて、おでかけでした。

 

背中に担げば、歩けることが判明。

わたしのなかで、かーなりうれしかったので、にんまり顔。

 

 

片方の腕でもつのはかなりの負担でして、、

両腕で抱きかかえてみても腰にくるし、、

なかなかの重たい子でして、

家から駅までの数分間歩くのでさえ、ギブアーップ。途中休憩をはさんでおりました。

f:id:secretlife:20160609150219j:plain

よっこらせ~っ!と気合いいれて担ぎます。

 

リュックスタイル様々です。

ずーっと昔の、配達屋さんになった気分です。

 

移動には車にのせてもらったのですが、家から駅まではスムーズでした^^

 

さてさて、パドマを連れて、キールタン練習会にいってきました。

 

ハルモニウムやギター持参でゆったり唄ったり、新しい曲を教えてもらったり、

お話したり、はじめての「頭蓋仙骨療法」もしていただきました。

 

大きな圧をかけたり、ゆするでもなく、心地よくなるなんて、驚きでした。

なんというか、からだの可能性を体験できた感じ。

奥深い未知なるからだ。なにが隠れているんだ?という感じ。

セラピストのかたにゆだねて、安心感のなか、あたたかい手のひらに包まれていました。

 

施術をうけているあいだ、横でハルモニウムを弾きながら唄ってくれていて、

なんだここは?

ハルモニウムと声にも包まれた空間のなか、セラピー受けて。。

なんて相性がいいんでしょう。

 

ふわ~ほわ~っとしたまま、施術を終え、交代。

今度はわたしがハルモニウムの練習。

 

となりではセラピーをうけている、という状態。

 

わたし自身、セラピーが終わってすぐだからなのか、

すこーんと音の世界に入っていきました。

 

あとはゆらゆら唄う・・・

 

手が勝手に動く

音の高さも唄いたいように唄う

 

止めたいな~っておもってるのか

まだ唄いたいな~っておもっているのか

そこに意識を向けながら、

 

自分がいちばん心地よくなるように唄いました。

 

「気持ちよく唄ってるな~というのが伝わってきて惹きつけられたよ」、と言ってもらえ、

自分がそうだと相手にも伝わるんだな、と実感しました。

 

ただ、それだけでいいのかも。

上手にリードしなきゃ、とか

みんな楽しんで唄ってるかな?とか、実は関係ないのかもしれない。

ただその場に起こることは起こるし、

唄う楽しさにだけ集中していれば

優劣は関係なくなる、

そう気づきをもらいました。

 

自分が楽しむ。

それが何よりも大切なのかも。

 

ハルモニゥムと自分の声が溶け合う

 

見えているものと自分のなかが、溶け合ってくる感じ。

 

内も外もないな~って。

なんか、すべてを悟ったように書いてますが、

そんなはずもなく、

あ、いまそうなったかも、を所々に体験したっていう感じです。

 

文字での知識ではなくて、

少しでも自分が体験できるところがいいなぁ。

だからキールタンに惹かれているんだろうな~。

 

薄っぺらいことばは書かないように心がけねば。

 

うーんと、

からだのなかや自然のなかを旅しているかのような感覚がちらほらと。

 

窓もない防音の無機質な部屋だったのに、です。笑

 

いつもこうだといいのにな~と期待しちゃうあたり、

まだまだひよっこです。

 

「可能性」ということばに惹かれる。

 

ことばにするとたった三文字、「可能性」。

その文字の向こう側には、とてつもないものがずどーーんと広がっている。

 

わたしがつくっている、何層にも何層にもなっている限界や制限を取り外していくと、

一体なにがでてくるんだろう。

 

可能性を知る旅~

楽しみだなぁ。

 

 

 ちなみに、実ははじめて出会った、頭蓋仙骨療法でした。

参考までに引用してきた説明を下にのせておきますね。

~~~~~~~~~~~

※クレニオセイクラル・ワークは、頭蓋仙骨療法とも言われ、身体が本来自然にもっといる内部のリズムを回復して、よじれた結合組織とぎゅっと詰め込まれた構造を解放してやるのが目的です。やさしく頭部を手でタッチングして、からだの深いレベルからストレスを解放し、身体がもともと持っている自由な動きへを取り戻すのを手助けします。

頭蓋仙骨系は、肉体的な核ともいえるもので、中枢神経系(脳と脊髄)を取り巻く膜(硬膜、硬膜管)、頭蓋骨とこれらの膜についている仙骨、これらから身体中の部位に飛び出しあらゆる神経と神経経路を包む筋膜、それに脳脊髄液とでなりたっています。中枢神経系とそれを取り巻くこれらの組織とはたえずリズミックな運動をくり返しています。その運動こそが人間の生命と健康にとって必須の特徴なのです。

このリズムのバランスを回復するために、施術者は頭蓋骨や骨格上の他の部位に非常にやさしく手を当てます。こうして抑圧されていたり緊張している部位を探りあて、抵抗を感じているポイントに向けて体液の水圧システムを応用して解放を促します。一般的に深いリラクゼーションを感じ、終わった後にはすっきりとした身体の感じが味わえます。

Craniosacral work/クレニオセイクラル・ワーク/頭蓋仙骨療法

~~~~~~~~~~~

 

 

▼▼音がわたしのなかにやってきてからの、気づきやら変化やら。

【暮らし編】バリ ウブド 滞在れぽーと - ヨガのある暮らし。 Om shanti...

Daphne Tse by Heart Gathering* - ヨガのある暮らし。 Om shanti...

ようこそ、パドマさん。これからよろしくね。 - ヨガのある暮らし。 Om shanti...

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

岡山プライベートヨガ教室

「sahsya yoga (サーシャ ヨガ)」

お一人さまのプライベートヨガクラス &

定員3名までの少人数ヨガクラス をご用意しました。

(どちらも女性専用です) 

HP⇒ http://sahsya-yoga.jimdo.com/

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::