読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨガのある暮らし。 Om shanti...

岡山で、シヴァナンダヨーガとボイスヒーリングの小さな教室をしています。ヨガもボディワークも、 唄(声)も取り入れて、 それからざっくばらんにお話も。 ありのままのボイスや体をツールとして、「わたし」に還るヒーリングの時間。いつだってシンプル。毎日はちいさな幸せのつみ重ね。

本を読むことは 今の自分を知ること。

ことば yoga旅 読みもの

本を読んで、朝から素敵なことばに出会う。

 

 

以前自分が体験していたことを

どんぴしゃに表現してくれていたりすると

 

そうそう、そうだよなーー、と嬉しくなる。

 

 

最近、読み直しているのは

『ニュー・アース 』/ エックハルト・トール

です。

 

昨日の記事にも書いていた、

おなじ魂だね、とも言われた方の本。

 

▽▽付箋はこんな感じです(笑)

「で、本当はどうしたいの?」を引き寄せで目の前に起こることから試されているなぁと感じている最近の話。 

f:id:secretlife:20161012082445j:plain

 

そうだよな~、という感覚が多すぎた本。

 

読み直すところは全部でしょ、

ということになってしまっているね。

 

 

自分のなかにある感覚を思い出すように

知りたい感覚に気がつけるように

 

その道しるべみたいな本かなぁ。

 

 

今読むと、響くところがまた違ってくるのもおもしろい。

 

もはや付箋は無意味なので

はりませんが。笑

 

 

最初に読んだときから積み重ねた経験も体験も違っているし

その変化を楽しむのも

 

読書の楽しみ。

 

 

『本を読むことは

今の自分を知ること』

 

だと思っている。

 

 

友人も言っていたから

きっと多くの人がそうやって使っているんだね^^

 

 

本に限らず、

なんでもそうなんだろうなと思う。

 

 

「ヨガに出会うタイミングがある」とも言われているけど

全部の出来事がそう。

 

 

出会うものとは

出会うべくして起こっている。

 

 

 

だから

もっと早くに出会っていれば・・・と思う出来事があったとしても

きっとベストなタイミングでそれは起こっている。はず。

 

 

 

だから、本当は

誰かになにかをおすすめするって

難しいことだなとおもっている。

 

 

 

たくさんの選択肢が用意されていることを

知って

 

なにを拾うかどうかは

わたしたちにゆだねられているんだと思います。

 

 

自由に選んでいい。

 

 

いま、またこの本を手にとって

そこから拾い上げることばたちは

 

わたしの背中を押してくれるものだったり

ことばにできていなかった思いだったりする。

 

 

本当の自分と共鳴するところを

拾っていく練習。

 

 

 

わたしの感じたことや思うことを

とりとめもなく書いているこの文字たちも

 

誰かのこころに

 

少しでも共鳴しているんだとしたら

 

本当に嬉しいなぁ。。。

 

 

いつも読んでくれる方、

偶然たどりついた方、

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

岡山プライベートヨガ教室

「sahsya yoga (サーシャ ヨガ)」

お一人さまのプライベートヨガクラス &

定員3名までの少人数ヨガクラス をご用意しました。

(どちらも女性専用です) 

HP⇒ http://sahsya-yoga.jimdo.com/

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::