読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨガのある暮らし。 Om shanti...

岡山で、シヴァナンダヨーガとボイスヒーリングの小さな教室をしています。ヨガもボディワークも、 唄(声)も取り入れて、 それからざっくばらんにお話も。 ありのままのボイスや体をツールとして、「わたし」に還るヒーリングの時間。いつだってシンプル。毎日はちいさな幸せのつみ重ね。

唄うこと 祈ること その光を少しずつ確かな光へ。

yoga旅 ことば sahsya yoga(サーシャ ヨガ) 声・音のせかい

最近、朝起きてまず、

旦那さんと一緒に

掃除を30分することにしています。

 

これがかなり気持ちがすっきりして

部屋もきれいになるし、いいリズム♪

 

saysya yoga のヨガスペースではないほうの一部屋で暮らしていますが、

こちらの部屋もきれいさっぱり片付けしたいところ。

 

すっきりさせると新しい目標も見つけられたりしますよね^^

 

家のなかすべてに手をかけて

滞っている場所がないようにするぞー。

 

ついつい物を詰め込んでしまう押入れとか、

キッチンの下のほうとかもね。

 

そうして家の中の空気が流れ始めると

不思議とアイディアも浮かんでくるものです。

 

 

今日は、旦那さんのなかでも

ピピンとやるべきことが繋がる瞬間がありました。

 

こういう瞬間に居合わせるのってほんとうれしいなぁ。

 

わたしも何度も何度も旦那さんとの話のなかから

糸口を見つけてきたから。

 

ふふふ~

毎日のお掃除効果かな~~

 

癒しの二人。

f:id:secretlife:20170222205203j:plain

 

 

生きている間、

何をやるために生まれてきたのか

何をしていると幸せなのか

 

それは一度見つけたぞ、と思っていも

くるくると

流動的に動いていくもの。

 

以前のわたしは、

「はやく自分のダルマ(使命・やるべきこと)をコレだ!と見つけたい」

という欲求がとてもとても強かった。

 

2016年の3月にバリでチャネリングしてもらったときにも

「わたしのやるべきことはなんですか?」と単刀直入に聞いてしまっていたし。

 

あれから約1年が経ちます。

 

気がついたことは

わたしのやるべきことは流動的に変わっていいのだ

ということ。

 

目の前に機会や出来事が用意されるたびに

よし、次はこれなんだな、と向き合うこと。

 

それを繰り返していくと

気がついたら道が開いていたりする。

 

それを楽しめばいいということ。

 

まっすぐの最短ルートを通ることより

その周りにたくさんのワクワクが転がっているということに気がつけたこと。

 

 

ざっとだけど振り返ってみよっと。

 

 

自分たちでリノベーションするとは思わなかったし

チャイ子(愛猫)と家族になることも想定していなかったし

ハルモニゥムとディジュリドゥで一緒にヒーリングライブをすることになったきっかけも偶然のようで必然なんだと思う

 

そもそもリノベすることになったこの家も

旦那さんが3年前から借りていたところを手放そうといっていたのになんだかんだずっと借りていたところだし

 

新潟や屋久島など、たくさんお金というエネルギーを投資して

気になるものはどんどこ吸収していこう逢いにいこうと思っているところに

 

音とヨガのコラボの話や

ライブの話がくるようになったり

 

踊りたい欲や

気に入った楽器をあつめて

即興で楽しむことがはじまったり

 

声のことが頭から離れなくなり

ボイスワークの可能性に魅せられて

 

キールタンがますます好きになり

(最初はまったくぴんとこなかったタイプのわたしです。言葉は似ていても

感じていることは違っている印象があります。)

 

神様のいる暮らしと聞くと、

なんだか怪しいのでは?と思う人は大半だとおもう日本なんだけど

 

けして、そうではなかった。

とてもピュアであたたかくてみんな自分のいのちを精一杯みつめ、

輝かせている仲間がたくさんいると知れた経験。

 

そんな仲間と繋がれた経験。

 

これまで人生の大半を費やしてきて向き合っていたものと向き合うきっかけになったこと。

自分のなかの軸を取り戻すきっかけにもなったこと。

 

 

いつもどこかに出かけこれまでのわたしのなかになかった感覚を

ダウンロードして帰ってきては

旦那さんにマシンガントーク。

(だいたい1時間くらいはしゃべり続けるんだけど。)

 

遅い時間でも聞いてくれて

感謝してる。(←迷惑だなぁと思う。笑でもきっと変わらないんだろうなと思う。笑)

 

ざっと書いて、まとまっているのかどうかよくわからないけど

とにかく

そのときそのとき何かが起こり

決断してきたんだなぁということ。

 

 

なんだかずっと流れてきているんだけど

だからこそ人生はとても面白いんだろうなと思う。

 

昨年は行き着くままに流れてきた経験をふまえて

ようは何が言いたいのかというと

いまのわたしのやるべきこと・やりたいことは

 

音の可能性に気づき、楽しみ

そして祈り、献身の感覚をみんなで味わいたい

 

ということです。

 

 

もちろん、みんなのなかには

わたしが含まれている。

 

ボイスワークあり、ヨガあり、

マントラを唱えたり、本を読んだり聖典読んだりしている。

少しずつ暮らしのなかに差し込んでいく。

段階を踏んで少しずつマニアックな本になってきているとも思う。笑

学びは一生続くものだという覚悟もあらたに。

 

音は振動なんだ

カラダは楽器なんだ

 

こういうことに

体験として触れていくと

世界の見え方はまた違ってくる。

 

音が光として感じられるようになる

 

いまのところわたしはそれが感じられるときにとっても幸せなのです。

 

キールタンのスタイルも振れ幅もできてきて

わたしには、それでいいんだとおもう。

 

 

音で遊びたい

カラダで音の感覚をつかみたい

 

バクティヨガとして捧げたい

神様との暮らしを感じていたい

 

どっちも素敵。

 

そしていつか繋がるものだと思っている。

わたしでさえ、そうなってきたのだから。

いまはどちらかしか響かなくても。

 

あらためて、

いつも導いてくれた方や出来事に感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

唄うこと

祈ること

 

その光を少しずつ確かな光へ。

 

f:id:secretlife:20170222205348j:plain

 

 

f:id:secretlife:20170222205242j:plain

 

 

***
岡山おうちヨガ & ボイスヒーリング sahsya yoga (サーシャ ヨガ)

http://sahsya-yoga.jimdo.com/